Learn iPhone, iOS, Objective-c, Swift, cocos2dx, Unity and ….?

iOSやAndroid開発でのエラー解決法や便利tipsのメモ

RSS Feed

cocos2d – BGM, 効果音サウンドを鳴らす(SimpleAudioEngine) –

0 Comments
Posted by Kuro on 2013/02/20

cocos2dにはサウンドを鳴らすための”SimpleAudioEngine”というクラスがあります。

BGMや効果音を鳴らすなら”SimpleAudioEngine”を使う方法がもっとも簡単でおすすめです。

まずはヘッダファイルをimportします。

サウンドのpreload

サウンドの初回読み込み時には若干のタイムラグが生じることがあります。
タイムラグを防ぐために事前に読み込み処理(preload)をしておきましょう。
BGMは鳴るタイミングにシビアさを求めることはあまりないので”preloadBackgroundMusic”は必要ないかもしれません。

効果音(SE)を鳴らす

効果音の音程、定位、音量を変更して鳴らす

panの値は-1から1で設定してください。0が真ん中です。
Stereoサウンドだとpanは効かないようです。
pitchは0.5でオクターブ下、2.0でオクターブ上になります。

BGMの再生

BGMの停止

BGMの一時停止

stopBackgroundMusicよりも早くBGMを再開することができます。

BGMの再生位置を先頭に戻す

BGMの再開

サウンドの開放(bufferのrelease)

同一ファイルを重複して読み込まないように内部でチェックしてくれているのであえてunloadをしなくてはならないような状況はあまりないかもしれません。
自分では試していませんが「[cocos2d] SimpleAudioEngineを使った効果音作成での注意点 曲数制限」によるとロードできる曲数は32曲までだそうです。
この場合は適宜unloadをしないと曲を追加できません。

スポンサードリンク


You can leave a comment, or trackback from your own site.

0 Comments

You can be the first to comment!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサードリンク

Popular Posts