Learn iPhone, iOS, Objective-c, Swift, cocos2dx, Unity and ….?

iOSやAndroid開発でのエラー解決法や便利tipsのメモ

RSS Feed

cocos2d入門編 〜 cocos2dとUIKitの違いについて 〜

0 Comments
Posted by Kuro on 2013/03/16

ゲームを作るならcocos2dといった認識が一般的ですが、cocos2dとUIKitにはどのような違いがあるのでしょうか。

cocos2dの強み

OpenGLをそれと意識せずに簡単に扱えるインターフェイスがあります。(アニメーションが簡単)

UIKitの場合はグラフィカルなユーザーインターフェイスを提供するための層を経てからOpenGLを叩くのに対し、cocos2dは直接OpenGLを叩くのでパフォーマンスが上がります。

Texture Atlas(sprite sheet)を使えるのでメモリが節約でき、描画も速くなります。

つまり、大量の画像を何度も描画(アニメーション含む)する必要があるような場合にcocos2dは力を発揮します。

その他UIKitとの違い

Appleが提供するフレームワークは基本的にMVC(Model-View-Controller)デザインパターンで作られていますが、cocos2dはMVCの形にはなっていません。

座標系が異なります。
UIKitは左上が(0,0)、cocos2dは左下が(0,0)です。

Viewの階層の仕組みも違うため、共存はするには難があります。
(できることに制限はありますが共存は可能なようです)

参考図書:Learn Cocos2d 2: Game Development for Ios

Learn Cocos2d 2: Game Development for Ios
Steffen Itterheim Andreas Low
Apress
売り上げランキング: 22,020

スポンサードリンク


Filed under cocos2d, Programming
Tagged as , ,
You can leave a comment, or trackback from your own site.

0 Comments

You can be the first to comment!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサードリンク

Popular Posts