Learn iPhone, iOS, Objective-c, Swift, cocos2dx, Unity and ….?

iOSやAndroid開発でのエラー解決法や便利tipsのメモ

RSS Feed

Cocos2d-x 〜 stringsをLocalizeする方法 〜

0 Comments
Posted by Kuro on 2013/11/24

Cocos2d‐x開発のレシピ―iOS/Android対応のローカライズの項目を参考にしました。

オリジナルのコードはこちら
NYSL ライセンスです)

Localizeの手順

  • INFOタブのなかのLOCALIZATIONSに日本語を追加します。(PROJECT → INFO → LOCALIZATIONS)
  • Resourcesフォルダの中にstringsファイルを作成します。(New File → Resource → Strings File)
  • 作成したファイルのUtilities → file inspector → LocalizationからMake localizedをクリックして日本語を追加します。
  • [cocos2d-x] 開発のレシピのローカライズがうまく動かないのコメント欄で著者の古木さんが説明しているようにLocalizable.stringsのfile typeをPlain Textに変更しましょう。
  • Localize用のクラスを作成します。(keyを受け取ってそれぞれの言語のcharを返すmethodひとつあれば機能します)
  • Localizable.strings(Japanese)とLocalizable.strings(English)にkeyとそれに対応するwordを記入します。
  • LocalizedString参考コード(オリジナルのコードから不要な部分を取り除き、日本語、英語以外の言語では英語が表示されるように変更しています)

    Headerファイルの宣言時にstatic指定します。

    LocalizedStringの呼び出し方

    各stringsファイルの中身

    文字化けするぞという方は.stringsファイルの最後に空行を入れてみてください。
    参考:cocos2d-xでローカライズ

    Cocos2d‐x開発のレシピ―iOS/Android対応
    松浦 晃洋 齊藤 建二 古木 映治
    秀和システム
    売り上げランキング: 29,373

    スポンサードリンク


    Filed under cocos2d-x, Programming
    Tagged as , , ,
    You can leave a comment, or trackback from your own site.

    0 Comments

    You can be the first to comment!

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    スポンサードリンク

    Popular Posts