Learn iPhone, iOS, Objective-c, Swift, cocos2dx, Unity and ….?

iOSやAndroid開発でのエラー解決法や便利tipsのメモ

RSS Feed

Cocos2dx 〜 CocosBuilderで画像のLocalizeを行う方法 〜

0 Comments
Posted by Kuro on 2013/10/04

Cocosbuilderを使った場合の画像(CCSprite)のローカライズ方法を調べてみましたが、CocosBuilder自体にはローカライズをサポートする機能はないようです。

StirngsやLabelのローカライズ方法は以下のサイトで紹介されています。
CocosBuilderとローカライズ
cocos2d-xにおけるローカライズ(多言語対応)方法 CCLocalizedString

画像の場合でも上のサイトで紹介されているやり方でいけますね。

例えばこんな感じ。

ただ、ファイル名をいちいち記入しなくてはならないのが面倒です。
piyoPiyo_ja, piyoPiyo_enというようにsuffixで言語を分けるように命名して、ファイル名を取得してsuffixがついていればそれを変更するような処理を書けば楽にできるのではないかと思ったのですが、CCSpriteからのファイル名取得方法が分からない・・・。

なので、CCBReaderを直接書き換えてしまう方法にしました。

CCNodeLoader.cppのparsePropTypeSpriteFrameメソッドを以下のように編集します。

if文をひとつ追加しただけですね。

端末の設定言語が日本語だった場合かつファイル名に”_en”というsuffixが付いていた場合にsuffixを”_ja”に変更しています。

スポンサードリンク


You can leave a comment, or trackback from your own site.

0 Comments

You can be the first to comment!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサードリンク

Popular Posts