Learn iPhone, iOS, Objective-c, Swift, cocos2dx, Unity and ….?

iOSやAndroid開発でのエラー解決法や便利tipsのメモ

RSS Feed

Objective-C – レビュー誘導アラートの実装(Appirater) –

0 Comments
Posted by Kuro on 2013/02/02

スポンサードリンク

AppiraterというMITライセンスのライブラリを使ってアプリにレビュー誘導アラートを実装する方法を紹介します。

導入手順

https://github.com/arashpayan/appiraterからAppiraterをダウンロードし、フォルダをプロジェクトに追加してください。

デフォルトで数十カ国分多言語対応されています。
必要なければ英語と日本語以外は削除しましょう。

ARCを使用しないプロジェクトの場合はTargets » Build Phases » Compile SourcesからAppirater.mを見つけてダブルクリックし、compiler flagに”-fobjc-arc”を追加してください。

CFNetwork, SystemConfiguration, StoreKitフレームワークを追加し、StoreKitをRequiredからOptionalに変更してください。

AppDelegateにAppirater.hをimportしてください。

AppDelegate.mのapplication:didFinishLaunchingWithOptionsに[Appirater setAppId:@”yourAppId”];を追加してください。
(もしくはAppirater.mで直接AppIdを指定する方法でもOKです)

AppDelegate.mのapplication:didFinishLaunchingWithOptionsメソッドの最後に[Appirater appLaunched:YES];を追加してください。

AppDelegate.mのapplicationWillEnterForegroundメソッドに[Appirater appEnteredForeground:YES];を追加してください。

Appirater.mの設定項目

これらの条件はAND条件です。
上記設定の場合、使い始めてから5日が経過、かつ20回以上起動した後にアラートが表示されます。
そのバージョンでユーザーが一度でも評価をしに行くか拒否を選択すると二度と表示されなくなります。
使わない項目は”static double _daysUntilPrompt = -1;”というように”-1″を設定しておきましょう。

significantEventsUntilPromptの使い方

ユーザーがある特定のイベント達成したときに表示させる場合にこれを使います。
例えばユーザーがscore100以上を達成したときに表示させたいのであれば、表示させたい箇所で以下のように記述します。

Appirater.m内での設定で_significantEventsUntilPromptを0にすれば達成時に、1にすれば達成2回目に表示されるようになります。
ちなみにdefaultではAnd条件なので、イベント達成条件を使う場合はその他の項目を-1に設定しておきましょう。

or条件を使いたい場合はソースを自分でごにょごにょしましょう。

アラートメッセージの変更

1つ気に入らないのがアラートメッセージの仕様です。
デフォルトでは以下のようになっています。

Appiraterのデフォルト表示
title用のkeyがなくtitleと評価するボタンのメッセージが同じなのです。
title用のkeyを新たに作成すればいいのですが、多言語対応している場合は面倒です。
日本語だけkey=Titleに対応するように無理やり変更しました。

Appirater.h内の該当箇所を書き換えます。

こう書き換えます。

あとは日本語のAppiraterLocalizable.stringsファイルにTitleというkeyの項目を追加すればOKです。

Appirater表示メッセージのアレンジ

スポンサードリンク


You can leave a comment, or trackback from your own site.

0 Comments

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Pingbacks / Trackbacks

スポンサードリンク

Popular Posts