Learn iPhone, iOS, Objective-c, Swift, cocos2dx, Unity and ….?

iOSやAndroid開発でのエラー解決法や便利tipsのメモ

RSS Feed

React-Native “react-native init”で作成したプロジェクトは起動時に何を実行しているのか

0 Comments
Posted by Kuro on 2015/03/27

“launchPackager.command” can’t be opened because it is from an unidentified developer.
facebookのreact-nativeリポジトリに含まれているreact-native/Examples/以下にあるサンプルプロジェクトをXcodeで開いてRunしてみたのですが上記のエラーが発生しました。
アプリの起動はできたのですがlaunchPackager.commandが実行できなかったのでNodeサーバーが起動できなかったようです。

そもそもlaunchPackager.commandってどこにあるのかとか、起動時に何をやっているのか気になったのでちょっと調べてみました。

React_run_script

8081ポートでserverが実行されてなかったらlaunchPackager.commandを実行しているようです。(たぶん)
launchPackager.commandは”react-native/packager/“の下にありました。
launchPackager.commandをダブルクリックするとalertポップアップが出るのでOpenを押します。
そうすれば以後はXcodeの実行時にlaunchPackager.commandが実行できるようになります。

launchPackager.commandは実行できたのですが”Could not find dependencies.”というエラーが出るようになりました。
launchPackager.command -> packager.sh -> packager.jsと実行されていっているようなので、packager.jsを見てみるとnode_modulesが存在しないということのようです。

root directory(react-native/)でnpm installを実行して必要なnode_modulesをinstallします。
必要なmoduleはpackage.json内に書いてあるので何をinstallするかは気にしないで大丈夫です。

再度Xcodeで実行するとエラーなしでアプリが起動できました。

本題の実行時になにをやっているかはpackager.jsを見ると(分かる人には)分かります。(たぶん)
いろいろやっているようです。。

スポンサードリンク


Filed under Programming, React
Tagged as ,
You can leave a comment, or trackback from your own site.

0 Comments

You can be the first to comment!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

スポンサードリンク

Popular Posts