Learn iPhone, iOS, Objective-c, Swift, cocos2dx, Unity and ….?

iOSやAndroid開発でのエラー解決法や便利tipsのメモ

RSS Feed

React-NativeのTutorialメモ

0 Comments
Posted by Kuro on 2015/03/27

facebookのReact-Native Tutorialをやってみてよく分からなかったこと、分かるようになる必要があると思ったところをメモしておきます。

そもそもReactって何?

Facebookが開発しているJavaScript用のUIライブラリ。
今、仮想DOMが熱い。

React-Nativeは?

Reactと同じ考え方、記法でNativeアプリを実装できる。
“learn once, write anywhere.” 一度覚えればどこでも使える。
もちろんAndroid対応も準備中。

Javascript開発のエコシステムをiOSでも使っている

node.jsとかnpmとか理解してないと厳しい。
Javascriptの最新仕様(ECMAScript 6)も理解していないと厳しいっぽい。

ぱっと見何やっているのか分からなかった構文たち

  • Destructuring assignment
  • React.AppRegistryなどReactのclassを呼ぶときに”React.”を付けないで呼べるようになるっぽい。
    Destructuring assignmentというものらしいが、どうして上記の挙動になるのかよく分からない。

  • JSX
  • returnのなかはHTMLっぽいけどHTMLではなくてJSXという記法らしい。
    UI部分をコードではなくてHTMLっぽく書くためにそうしている(?)が、実行時はReactのコードの変換される。

  • CSS, Flexbox
  • CSSわからないとUI作れない。
    Flexboxが分かってないとおいしくない。

  • (row1, row2) => row1 !== row2
  • “rowHasChanged: (row1, row2) => row1 !== row2″が謎。
    今のitemと古いitemを比較して更新があるかを判定してる??

    Fluxとかアーキテクチャの話

    大事なお話。

    Swiftのときはこんなに簡潔に書けるようになるのか!!!という感動がありましたが、React-Nativeはそれと全然別のポジションなので普段からJavascript書いている人じゃないとハードル高いかなと思いました。
    言語の問題だけじゃなくて考え方も違うので。

    でもReactおもしろそうなのでもう少し勉強してみようと思います。

    スポンサードリンク


    Filed under Programming, React
    Tagged as
    You can leave a comment, or trackback from your own site.

    0 Comments

    You can be the first to comment!

    コメントを残す

    メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

    スポンサードリンク

    Popular Posts